日本認知・行動療法学会第47回大会

神経発達症の時代の認知行動療法 -脳から支援までの多職種協働-/会期:2021年10月10日(日)~11日(月)/会場:オンライン開催/大会長:中川彰子(千葉大学)

参加登録のIDとパスワードで、マイページにログインしてください。

WEB開催サイトへ

ライブ配信:10/10(日)・10/11(月)

オンデマンド配信:10/10(日)正午~11/7(日)正午

  • ※ライブの見逃し配信は10/18(月)正午~
  • ※ライブ配信日の緊急連絡先:070-3364-8419(10/10・10/11のみ通話可)

【お知らせ】

WEB開催サイト内で発行しておりました『大会参加証明証』にて、誤字がございました。
すでに発行済みの方も、再度、WEB開催サイト内で再発行いただけます。

大会会長より第47回大会の開催形態変更のお知らせ

今年も早6月を迎えましたが、我が国では新型コロナウイルスの感染拡大がなかなか収束の気配をみせず、東京、大阪をはじめ、地方にも緊急事態宣言がその期間を延長されています。さらに新型コロナウイルスの変異種の感染急拡大、東京オリンピック、パラリンピックの開催、ワクチンの供給の遅れなど無事に本大会を開催できるかどうか不安材料が大きくなっている状況です。そこで、大会準備委員会で話し合い、混乱なく大会の準備を進めるために、現時点で当初予定していたハイブリッド開催ではなく、オンライン開催のみにする(ライブ配信+オンデマンド)という決定を致しました。

本当は、皆様に千葉幕張まで足を運んでいただき、昨年かなわなかった現地開催を規模を小さくしてでも行いたいところですが、それは諦めざるを得ないと判断し、オンラインでも、大会企画シンポジウムなどではなるべくライブ感を出すように工夫し、昨年は中止となった症例検討をライブのみで行うなどを予定にしています。プログラムも前回お伝えした、本田秀夫先生、イギリスのAilsa Russel 先生による大会テーマである神経発達症関連の特別講演に加え、教育講演でも桑原斉先生に神経発達症の診断についての教育講演をしていただくことになりました。また、井上猛先生にも薬物療法のご講演をいただくことになりました。その他、多彩なワークショップ、自主企画シンポジウム、本学会の委員会企画によるシンポジウムや講演会、発表賞を設けたポスター発表など盛りだくさんな内容となっており、皆様にご満足いただけるものと存じます。

詳細につきましては、大会ホームページにて順次お知らせをしてゆきますが、まずは既に始まっている演題募集にどうぞ奮ってご応募いただければと思います。

実りある大会になりますよう努めてまいりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

2021年6月1日
日本認知・行動療法第47回大会
大会会長  中川彰子

What's New

2021.09.29
参加者へのご案内を掲載いたしました。
2021.09.24
プログラムに自主企画シンポジウム、ケーススタディ、一般演題のプログラムを掲載いたしました。
2021.09.22
大会会長挨拶を更新いたしました。
2021.09.17
プログラムに「ライブ配信日程表」を掲載いたしました。
2021.09.01
発表データ登録を開始いたしました。
2021.08.24
認定ポイントを掲載いたしました。
2021.08.05
発表者の方へを掲載いたしました。
2021.06.25
事前参加登録を掲載いたしました。
2021.06.18
ワークショップの概要を掲載いたしました。
2021.06.09
演題募集の締め切りを延長しました。
(自主シンポジウム 6月23日(水)迄、ケーススタディ 6月30日(水)迄)
2021.06.02
オンライン開催に変更となりました。
2021.05.06
プログラムを掲載いたしました。
2021.04.19
演題募集を開始いたしました。
2021.03.31
ホームページを公開いたしました。